2016年5月22日杉並区にある荻窪東町会にお招き頂き、

「地域医療のできること・できないこと〜地域住民に期待したいこと〜」

と題して、講演してきました。

これからの高齢化社会に向けて、医療や介護に全てを委ねようとするのではなく、住民1人1人の健康への意識や、いざというときの備え、地域のリソースを生かした助け合いが重要であることをお話させてもらいました。

一緒に活動しているダイヤ高齢者社会研究財団の澤岡詩野氏からは、「地域で豊かに暮らすには」と題した講演があり、地域包括ケア支援センターのケア24荻窪所長の香月節世氏からは、「ケア24荻窪の役割」についてお話がありました。

本講演が、少しでも杉並の地域包括ケアが進むきっかけになれば幸いです。

 

荻窪東町会

荻窪東町会facebookページ

https://www.facebook.com/ogikubohigasi/posts/1136982876375681