2016年5月15日 荻窪地域づくりをされている「荻窪家族レジデンス」の皆様にのお手伝いとして、「荻窪暮らしの大学」のイベント運営をお手伝いしてきました。

ゲストには、新宿にある暮らしの保健室で室長を務めておられる株式会社ケアーズ代表取締役の秋山正子さんにお越しいただき、「住み慣れた場所で過ごし続けるための地域の力」というテーマでお話を伺いました。

[Summary]

・長年看取りを支援してきたなかで、もぐらたたきの現状を改善するためにはじめた「暮らしの保健室」の話。また、その立ち上げにまつわる工夫。
・医療が入る意味について。それは先の見通しをもって先手を打つこと、伝えること。
・癌末期の予測は幾分できるが、老衰の予測は難しいこと。
・重装備をしない終末期の支援の実例。医療の目を持って分析すれば、医療処置を増やさずとも在宅で過ごす工夫を提案できる。
 

[感想]

End of life careのデザインについて、医師の立場としても、地域づくりの立場としても気づきのある時間でした。また、懇親会でのケアーズ設立にまつわるエピソードについてもお聞きでき、起業家としての苦労と乗り越え方がとても勉強になりました。

ちなみに会の最後では、自分も杉並に関わる医師として「荻窪暮らしの保健室」の重要性と必要性を投げかけさせてもらいました。今後も都市型地域包括ケアの1事例となるよう「荻窪モデル」が構築されることを期待しています。

秋山正子さん講演