今回は、在宅医療に関する1つの記事をご紹介したいと思います。

 

「”死ぬまで、どう生きるか”を選択しよう」佐々木淳さんに聞く、これからの在宅医療  http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/28/yushoukai-jyun-sasaki_n_9801860.html 

 

悠翔会という大きな医療法人。東京都の在宅医療のインフラとなりつつあります。

その悠翔会を牽引するのが理事長兼診療部長の佐々木淳先生。介護業界でも有名な方で、私も大尊敬しています。

さて本記事では、これからの看取り社会において大事なことを言ってくれています。

是非、色んな方に読んで頂き、これからの社会やご自身の行き方について考える機会にしてほしいと思います。

 

健康を維持する努力を続けることだと思います。自分の命や人生に責任を持つということは、

 ふだんから自分で健康管理をきちんとして、何かあったら覚悟を決めるということです。”