イシコメでコメントしました。

褥瘡は、在宅医療の現場でよく出会う病気です。ベッド生活の長い高齢者の介護をされる場合、褥瘡の早期発見・予防を心がけることが大事です。好発部位を意識し、定期的なチェックを意識しましょう。

ー以下抜粋

” ベッド生活が長くなった高齢者の方を介護する場合、定期的に床ずれができていないか観察する意識が大事です。発赤程度で気づいて対処すれば、深い床ずれにならずに済みます。仰向けが長い方の場合、仙骨部、踵部、肘部などベッド接着面に床ずれができやすいですので、ポイントを抑えて観察しましょう。”

https://ishicome.medpeer.jp/entry/650