医療と介護・市民の垣根をなくす

メッセージ

  • HOME »
  • メッセージ

 

 Mission  

医療と介護・市民の垣根をなくす

Contents

 

活動への想い

高齢者に関わる多くの職種が医療ケアを身につける世の中を目指して

これからの時代、ますます高齢化が進み、関わる職種が高齢者の医療ケアを身につける必要性が高まってきます。しかし、医療者以外が医療ケアを学ぶ機会はまだまだ少ないが現状です。

これまで培ってきた在宅医療の経験やノウハウを提供することで、医療ケアを普及させたいと考えています。高齢者に関わる人達が医療ケアに自信を持って対応でき、利用者さんが施設でも在宅でも安心して暮らせる社会を実現することが、目指すところです。

1人1人のヘルスリテラシーがもっと向上するように

 

健康への意識は人それぞれで、医療情報を持つかどうかは個人に任されている現状です。医療者としての経験、病気や健康に関する知見を伝えていくことで、市民のヘルスリテラシー向上に寄与し、多くの人達の健康寿命を延ばすことに貢献したいと考えています。

た、在宅医療の普及・啓蒙活動も積極的に取り組んでいます。人生の最期を家で迎えるという選択肢がもっと広まるよう、市民の方にこれまでの経験をお伝えしています。

 

HEISEI KAIGO LEADERS 運営活動について

 

高齢者に関わる人達がより相互理解し、本質的に連携していける社会を目指して

 

これからの地域包括ケア時代では、今まで以上に相互理解し、本質的な連携が求められます。医療・介護が綿密に連携し、ともに利用者さんのために考え抜くことが大事になってきます。

超高齢社会に向けて互いの長所を引き出す関係づくりを「医療介護ファシリテーター」として推進していきたいと思います。また、これまで培ったファシリテーションのノウハウも提供することで、会議や対話の場でファシリテーターとなる人達が増えることを目指します。

 

 

12112023_873403006075136_3150974558419320648_n

代表 田中公孝

医師 / 家庭医 

2009年滋賀医科大学医学部卒業。2011年滋賀医科大学医学部附属病院にて初期臨床研修修了。2015年医療福祉生協連家庭医療学開発センター (CFMD)の家庭医療後期研修修了。日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医。医療介護業界のソーシャルデザインを目指し、「HEISEI KAIGO LEARDERS」運営メンバーに参加。イベント企画、ファシリテーターとして活躍。都内診療所で勤務の傍ら、EHAの事業活動にも取り組む。

▼ 取材記事

 「医療×介護」の視点が必要な理由  

  http://www.huffingtonpost.jp/coffeedoctors/medical-care_b_8108038.html

▼ 協力メディア/プロフィール紹介

  EPARKくすりの窓口コラム

  https://www.kusurinomadoguchi.com/column/media/users/46l37

  イシコメ

  https://ishicome.medpeer.jp/user/fSeCqdh

 

 

 


PAGETOP
Copyright © Eldely Healthcare Academy All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.